タイワンイロイロ

台湾に関することを調べて発信していきます

台湾写真いろいろと【台湾にある謎の服屋、Superdry.® 極度乾燥(しなさい)】

台湾で撮影した写真から、気になるものを選んで調べる、台湾写真いろいろと。

 

今回は、台湾の街を歩いていると店や来ている人に出会う、「Superdry.® 極度乾燥(しなさい)」

というアパレルブランドについてです。

 

この謎のブランド名、

そもそもブランドなのか。単なる間違いなのか。何か意図があるのか。

今回はそんな、「Superdry.® 極度度乾燥(しなさい)」について調べます。

 

 

f:id:taiwaniroiro:20200305223123j:plain

 

「Superdry.® 極度乾燥(しなさい)」とは

Superdry.® 極度度乾燥(しなさい)が服屋なのは、見たわかりますが、いったいどんな企業、ブランドなのか。

服だけでなく、カバンなど総合アパレルブランドですが、ロゴとしてSuperdry.® 極度乾燥(しなさい)と描かれているので、日本人からして見ると、違和感しかありませんよね。

翻訳サイトで適当に翻訳したみたいな感じで、そもそもスーパードライはビールの銘柄ですし…

 

そもそもこのブランドは、イギリスにあるsupergroup(スーパーグループ)という会社が世界40カ国以上に店舗があり、流通で言えば100カ国以上で販売しているブランド。

 

どっかのいかがわしい服かと思ったら、まさかの英国産!

しかも大手ブランド!

台湾にも百貨店の中などに店舗が多くあります。

ますます謎が深まる。

 

アメリカのビンテージ生地を使ってイギリスで生産というのが売りだとか。

なんか良さげなのに、デザインどうなってるんや…

 

ではなぜこんなデザインになったかと言うと、創業者たちが、日本を訪れた際に、日本人が使っていたり、着ている服に書かれている英語からインスピレーションを受けてデザインしたとか。

ブランド名だけでなく、商品のデザインにも漢字や日本語が使われています。

 

確かに日本人は英語が読めない人が多いので、デザインとか文字面だけで恥ずかしい英文の書かれたシャツ着てたりしますね。

日本人の私たちが、「Superdry.® 極度乾燥(しなさい)」を見て、おかしいと思うように、海外からもそう見られてるってことですね。

 

そういう違和感をデザインに落とし込んで、良質な

製品のブランドがSuperdry.® 極度乾燥(しなさい)ということですね。

加えてブランド名も、アサヒスーパードライから名付けたとか。

まさかのそのまま使うパターン(笑)

 

ここの商品は、品質にこだわってブランド価値も高くするためか、じつは価格帯は結構高めです。

 

過去にはサッカー界のプリンス、あのベッカムが着たこともあるそうで、その商品は爆裂に売れたとか。

日本では手に入る?

こんなにも日本に関係があるSuperdry.® 極度乾燥(しなさい)ですが、日本に店舗はありません。

理由は言うまでもなくアサヒスーパードライです。

商標の関係で日本では展開できないんですね。

なので、ネットでも世紀では購入できないそうです。

公式サイトも、日本からではアクセスできない状況です。

 

海外に行ったときに買えばいいというわけでもなく、実は税関でも正式に、輸入差し止めがされています。

まあアサヒとしてもスーパードライのブランドを守る必要があるので、仕方ないですよね。

www.customs.go.jp

 

買えたとしても、よほどのお洒落さんでないと着こなせないので、需要はあまりなさそうですが。

 

 

さいごに

日本語モチーフのブランドなのに、日本人はほとんど知らないであろう、Superdry.® 極度乾燥(しなさい)についてでした。

なにげに面白半分で見てた服屋が、意外と日本ともかかわりのあるブランドでした。

海外に行かれたときに、店にいってみるのも楽しいかもしれませんね。