タイワンイロイロ

台湾に関することを調べて発信していきます

台湾ごはんいろいろと【滷肉飯(魯肉飯)】概要とおすすめ店からレシピまで

f:id:taiwaniroiro:20191213230502j:plain]

 


台湾の代表的な料理のひとつが滷肉飯(魯肉飯)

八角の香りが苦手な方もいますが、日本人の口にも合う料理だと思います。
実際に台湾のいたるところで食べることができますし、ガイドブックにも必ず掲載されていますよね。
私はこの魯肉飯が大好きで、台湾に行けないときも恋しくなって自分でも作るほどです。

 

そんな魯肉飯ですが、そもそもどのような料理なのか
お店によっては魯肉飯または滷肉飯と表記されていたり、南部では肉臊飯とも表記されますが、名前によって違いはあるのか。

おすすめのお店は?

自宅でレシピを再現できるのか。

 

知ってるようで知らないことも多い魯肉飯についての以上について、いろいろと調べてご了解します。

  

 

滷肉飯(魯肉飯)とは

魯肉飯

概要


滷肉飯/魯肉飯(ルーローファン、Lǔ ròu fàn)は、台湾の伝統的な軽食で、代表的な大衆料理の一つです。

家庭やお店によって作り方やこだわりに違いがありますが、わかりやすくざっくり言えば、豚バラ肉を甘辛く煮込んで刻んでご飯にぶっかけたものです。


もう少し詳しく作り方を説明しますと、脂身を含む豚肉を、台湾の醤油・砂糖・油葱酥(揚げた赤ネギ:エシャロット)・酒などで作ったスープでトロトロになるまで煮込み、それを茶碗の白ご飯の上にぶっかけて完成です。

 

丼のように思われがちですが、ほかのおかずと一緒に食べるものなので、お店では普通の茶碗で提供されます。
醤油と砂糖の甘辛いタレのなかに、煮込まれた豚肉からゼラチンやうま味が溶け出して、最高の味になります。

 

個人的には台湾に行った際には必食の一品です。
小吃と呼ばれるカテゴリの料理なので、町の軽食屋さんや夜市で出される一品料理になります。
台湾のソウルフードとも言え、ほんとに台湾のいたるところで食べることができます。

 

台湾に何度か行ったことのある人なら、お気に入りのお店もあるのではないでしょうか?
家で手軽に楽しみたいなら、スーパーに缶詰も売ってます(私はそこまで好きではないです笑)

 

店によって、八角や五香粉が効いていたり、肉の大きさや部位が違ったり、味の濃さが違ったりと、個性が出る料理なので、食べ比べをするのも楽しいです。

テリッテリの魯肉飯もいいですが、上の写真のあっさり系も他の料理の邪魔をしないおいしい魯肉飯です。


※五香粉:一般的には花椒クローブ、シナモンと、八角フェンネル、ちんぴのうち2種、合わせて5種類が混合された調味料。シナモンと八角が強く感じられます。

 

 

滷肉飯と魯肉飯と肉臊飯

店小二魯肉飯

店小二の魯肉飯

 

そもそも 滷肉飯と魯肉飯は意味としては同じです。

本来の表記は「滷肉飯」ですが、それが日本の中華街に伝わった際に日本の常用漢字と合わせ、台湾中国語で同一の発音である「魯」が使用されたために、魯肉飯と表記されたそうです。

この誤用が日本人観光客の多い台湾に逆輸入された感じです。

 

肉臊飯は主に南部を中心とした地区で使われていますが、滷肉飯/魯肉飯が脂身を含んだ肉を使うのに対し、肉臊飯は赤身の肉を使って作るのが傾向としてあります。

北部のような脂身の多い滷肉飯のことも、南部では肉臊飯として売っている店も少なくない印象です。

一般的に南部で滷肉飯と言えば、北部でいう控肉飯を指すようです。

 

おすめのお店

今回は台北のおすすめ魯肉飯のお店を紹介します。

おいしい魯肉飯を出してくれるお店はたくさんありますので、今回は私の1番のお気に入りと、台北駅から行きやすいお店を紹介します。

 

ガイドブックに載っている有名店もいいですが、いろいろまわってお気に入りを見つけるのも楽しいですよ!

 

北北車魯肉飯

f:id:taiwaniroiro:20191217232205j:plain

北北車魯肉飯

まずは北北車魯肉飯です。

見てくださいこのテリ!

このお店の魯肉飯は、角切りにされたお肉にしっかり味がついているタイプです。

 

見た目こってりですが、しつこくなく食べやすい味付けなので、軽食にもおすすめです。

八角のような香辛料の味も控えめです。

 

場所は台北M8出口から南陽街を進み、路地を入ればすぐにあります。

100台北市中正區公園路20巷21號

営業時間 11時30分~21時00分

f:id:taiwaniroiro:20191217233125j:plain

メニュー

メニューです。

日本語も書かれてあるので、指差しでも問題ないですね。

 

持ち帰りも店内で食べるときも、一度外のカウンターに並んで注文するスタイルです。

注文したら席で待ってください。

店舗は小さいので、荷物が多いと入りにくいです。

座席数は少ないですが、回転は悪くないので多少待てば入れることが多かったです。

食べ終わったらセルフサービスで食器等を返します。

 

スープなど、他のメニューもいしいので、台北駅付近で宿をとった際にはおすすめです。

 

今大魯肉飯

f:id:taiwaniroiro:20191217235508j:plain

今大魯肉飯

続いては今大魯肉飯です。


ここは本当におすすめです!

初めて食べたときはあまりのおいしさに、笑ってしまいました。

新北市の3大魯肉飯の一つとされているとか。

 

場所が新北市になり、中和新蘆線の菜寮駅3番出口から7分と、少し行きにくいのですが、わざわざ行く価値のあるお店です。

 

早くから営業しているので、私はいつも桃園空港から桃園空港MRTに乗り、三重で乗り換えて1食目の店として行っています。

 

241新北市三重區大仁街40號

営業時間6時30分~21時00分

 

f:id:taiwaniroiro:20191213230502j:plain

今大魯肉飯

ブログを書きながら写真を見ているだけで食べたくなります…

コラーゲンプルンプルンなのに、しっかり肉感がある、個人的に理想の魯肉飯です。

このおいしさで30元はお得すぎます!

 

写真のうしろに写っているのは豆腐(魯豆腐)と煮卵(魯蛋)です。

魯肉飯と一緒に煮込まれたこちらも最高にうまい!

魯肉飯に魯蛋をトッピングするのは個人的に必須です。

 

 

作り方・レシピ

魯肉飯再現レシピ

 

滷肉飯/魯肉飯すきなら、日本でも食べたいですよね?

最近は台湾ブームで、魯肉飯が食べられるお店も増えてきましたが、いまいち現地の味とは違う店が多く、値段も高い店が多いので、自分で作ることにしています。

今回は、その私が家で作っている魯肉飯のレシピを共有します。

あくまで味の記憶を頼りに作ったものなので、実際のレシピとは異なるかもしれませんが、個人的にはなかなかの再現度だと思います。

 

それでは作り方です。

 

【材料1】

豚バラブロック400~500g

にんにく 1片

生姜 1片

ねぎの青いとこ(あれば)1本

【材料2】

フライドエシャロット 30gくらい(輸入食品店で買えます)

八角 1個

ゆで卵

材料3

ごはん

 

【調味料1】

水 鍋の肉がかぶるくらい(いつもだいたい300ccで作ってます。)

酒or紹興酒 50cc

 

【調味料2】

濃口醤油(あれば台湾の醤油)25cc

氷砂糖 6個

醤油膏(あれば) 大さじ1 なければみりん25cc

五香粉 小さじ1(お好みで増減してください)

赤葱油(あれば) 大さじ1

白こしょう 少々

 

作り方

1.豚バラ肉に熱湯で洗い、汚れや余分な油を落とします。

2.お好みの大きさに切ります。1センチ角ほどでしょうか。

3.鍋にサラダ油を熱し、豚バラ肉の表面に焼き目をつけます。

   煮込んで火を通すのでさっとでいいです。

4.焼き目がついたら、調味料1を鍋に入れ、沸くまで待ちます。

5.鍋が沸いたら、火を最小にして蓋をして1時間煮込みます。

  • 調味料を加える前に一度茹でて、柔らかくします

6.1時間たったら、にんにく、生姜、ねぎを取り出し、材料2調味料2を加え、軽く混ぜます。

ここにゆで卵を一緒に入れて煮込めば、煮卵(魯蛋)ができます。

蓋をして弱火で30~1時間煮込みます。

 

7.水分が飛びすぎると焦げますので、たまに様子を見てください。

逆に水が多すぎると、いい具合の照りが出ないので、蓋をずらすなどして水分量を調節します。

8.八角を取り除き、かために炊いたご飯にかけて、お好みで沢庵を添えれば完成です!

 

いろんなレシピを見ながら考えたレシピです。

氷砂糖がなければ、砂糖大さじ1ほどで代用してください。でも氷砂糖の方が照りが出しやすいです。

醤油膏は台湾の甘いたまり醤油です。

ない場合はみりんで代用し、醤油の量も少し変えても良いでしょう。

最初の刻むのが手間なのと、煮込み時間がかかりますが、家で魯肉飯が食べられるのは素敵ですよね!!

余った魯肉は麺にかけたり、いろいろとアレンジできます。

 

私は肉の半分を魯肉に、残り半分を控肉にして、控肉飯にするのが定番です。

写真は以前作った控肉飯です。

調味料を調節して、ぜひみなさんもオリジナル魯肉飯を作ってみてください!

うまく再現できた時は、感動します。

 

f:id:taiwaniroiro:20191218175808j:plain

 

最後に

愛する魯肉飯についていろいろとご紹介させてもらいました。

家で作る魯肉飯もいいですが、やっぱり台湾で食べる滷肉飯は格別です。

今回はおすすめ店として2店舗紹介させていただきましたが、おいしい滷肉飯が食べられるお店は本当に数多くあります。

何件かハシゴをしてみると、一口に滷肉飯と言っても味付けがお店によって全然違うことに気づくはずです。

台湾に行った際には、いいろな滷肉飯を食べていただき、お気に入りのお店を探してみてはいかがでしょうか。

なかなか台湾に行けないときは、よければ作ってみてください!