タイワンイロイロ

台湾に関することを調べて発信していきます

気になる台湾ワード【這個】どこでも使える便利な単語の意味を解説

這個

台湾旅行に行ったときに、台湾華語を話せなくて単語だけでも知っていれば、コミュニケーションができて楽しいですよね。

台湾のお店で「これください」と言うとき、どういいますか?

英語でThisでも通じることはありますが、台湾華語で言えたほうがスムーズですよね。

そこで今回の気になる台湾ワードでは、飲食店をはじめとする街のお店で使える便利な単語【這個】をご紹介します。

 

 

這個の意味

「這個」の意味はそのまま、「これ=This」です。

ピンインは「zhège」で、カタカナで書くとツェガが近いですかね。

ツの位置にアクセントを置きます。

個人的には発音が難しいと感じています。

厳密にはツとチの間ぐらいの発音で、ェとァの間ぐらいの音を足す感じ?

難しいので、翻訳の音声で確認してみて下さい…

 

translate.google.co.jp

経験上、きちんと発音できていなくても、指差しと併用することでなんとなく察してくれることが多かったです(笑)

 

f:id:taiwaniroiro:20200323222729j:plain

メニューを指さして這個で通じます(正しいかは置いといて)

 

それでは続いて、1歩進んで実際の使い方をご紹介します。

 

使用例

いくつか、這個や這を使ったフレーズをご紹介します。

 

 

これをください

我要這個(Wǒ yào zhège:ウォヤオチェガ)

これは使えます!

メニューを指さして、またメニューがない店(小さい店などでよくあります) のメニューボードの看板を指さしてなど、だいたいこれだけでなんとかなるので、ぜひ覚えてください。

 

丁寧な言い回し、何かをお願いするときなどは、

請給我這個(Qǐng gěi wǒ zhège:チンゲイウォチェガ)

こちらを使うと良いです。

 

これはいくらですか(値段)

這多少錢(Zhè duōshǎo qián:チェドゥオシャオチエン)

夜市やお土産物屋とかで使えそうです。

夜市のぼったくりフルーツ店には、これで値段を聞いて断ってやりましょう。

 

これは〇〇です。

這是〇〇(Zhè shì〇〇:チェシィ〇〇)

 例)這是小籠包:これは小籠包です

 

これはなんですか?

這是什麼(Zhè shì shénme:チェシィシェンマ)

使いどころは自分の荷物かどうか聞かれたときですかね(ホテルとかで) 

這是我的(Zhè shì wǒ de:チェシィウォダ)で私のものです。になります。

  

 

以上、簡単なフレーズなので覚えてみたくださいね。

 

関連する言葉

這個はなんとなく大丈夫ですか?

それでは、合わせてよく似た単語も合わせてご紹介していきます。

ここあらへんも抑えておくと何かと便利かと思います。

 

あれ

那個(Nàgè:ナガ)

這個に対して「あれ」は那個です。

先程のフレーズも、那個に変えるだけで問題なく使えます。

 

どれ

哪個(Nǎge:ナァガ)

あれと混同しやすいですが、発音が違います。

どれ、は「な」の音を一度下げてから上げる、3声で発音します。

 

それ

台湾華語を含め、中華圏の言葉には一般的にそれという表現がありません。

なので、遠くのものが欲しいときは、あれ(那個)を使えばいいでしょう。

 

さいごに

台湾で使える単語を「這個」とそれに関連する単語など紹介してきました。

 

英語で考えたら、これくらいはわかる方も多いのではないでしょうか?

そしてこれが分かれば、旅行先でなんとかなりそうな気もしませんか?

実際、台湾の観光地は、日本人観光客が多いので、ある程度は向こうが気を使ってくれたり日本語メニューがあったりで、そこまで不自由なく旅行を楽しむことができます。

旅行中もこれとあと少しだけ単語を知ってれば、メニューのないローカルなお店での注文も何とかなったりします。

 

ぜひ、便利な「這個」を覚えて、楽しい旅行にしてください。